悩みをなくす|フェイスリフトの失敗談は見るべき|リスクを回避する術
女性

フェイスリフトの失敗談は見るべき|リスクを回避する術

悩みをなくす

目

左右の目の離れ具合を解消したいなら美容クリニックで行っている目頭切開の治療を受けてみるのもいいでしょう。目頭切開は読んで字のごとく目頭にメスを入れ幅を広げたり、バランスを整えたりする治療です。少しメスを入れ1ミリでも幅が広がっただけで、目ヂカラは飛躍的にアップされるといわれています。一般的な治療法としてあるのが内田式と呼ばれるW法、Wに切開し蒙古ひだを取り除いていくものです。キズ跡もわかりづらく、日本人の顔立ちにあった平行ラインの二重がでます。そしてもうひとつがZ法、Zを意識した目頭切開で蒙古ひだが大きい場合に有効でクリニックによっては再び戻すことも可能です。施術時間は30分から60分くらいでダウンタイムは約1週間となっています。

目頭切開の治療において何よりも大切にされているのが、イメージ通りに仕上がるかということです。そのため事前のカウンセリングはどのクリニックも重要視しており、時間をかけて要望を聞き出し形や治療法を決めていきます。治療後は麻酔の影響もあり腫れていたり重く感じることがあるようですが3日もすれば落ち着き、当日のシャワーや翌日からはコンタクトレンズの使用も認められています。キズ跡は約2ヵ月から3ヵ月することには薄くなりほとんど気にならなくなるようです。目頭切開の料金設定としては各クリニック誤差はありますが、両目セットで25万円くらいから30万円ほどが相場です。他の治療と併用することで相乗的な効果も得られます。